安全報告書2016

当社は、鉄道事業法により公表を義務づけられている「安全報告書」を、
平成20年からは「CSR報告書」内に掲載し、公表してきましたが、
平成28年4月の持株会社体制移行を機に発行体制を見直し、「安全報告書」として公表する形に改めました。

※京阪グループのCSR情報につきましては、こちら をご覧ください。

安全報告書2016:全ページ(2.3MB) CSR報告書2015
  01:表紙(62KB)
  02:ごあいさつ/CONTENTS(326KB)
  03:安全基本方針/安全管理体制(1)(473KB)
  04:安全管理体制(2)/平成27年度安全重点施策の取り組み 他(541KB)
  05:事故・災害等の発生状況(338KB)
  06:安全管理方法/教育・訓練(1)(422KB)
  07:教育・訓練(2)(437KB)
  08:ヒヤリ・事故の芽活動/動力車操縦者(運転士)の養成(498KB)
  09:技術の継承/KYT(危険予知トレーニング)(487KB)
  10:運行管理(577KB)
  11:脱線防止対策/線路を遮る障害物の検知/大津線の運行管理(443KB)
  12:駅の安全性向上(600KB)
  13:車両の安全対策/より安全快適な車両を目指して(432KB)
  14:踏切の安全性向上/踏切数の推移/踏切での啓発活動(642KB)
  15:京阪本線(寝屋川市・枚方市)連続立体交差事業/気象観測機器/雨量監視システム 他(437KB)
  16:耐震補強/地下駅の火災対策/鋼索線(男山ケーブル)の安全対策/ひらかたパークの安全対策(490KB)
  17:安全投資/京阪電車からのお願い/安全報告書へのご意見受付(416KB)
  18:背表紙(21KB)

Get Adobe ReaderPDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、アドビシステムズ社より提供されています(無償)。Adobeのサイトからダウンロードして、インストールを行ってください。

Adobe Reader ダウンロード

ページの先頭へ